新築一戸建て

注文住宅とは

建設中の家

住宅を購入する場合は、注文住宅を購入したいという希望を持っている人もたくさんおり、注文住宅には昔から一定のファンがいます。注文住宅の特徴は、建売住宅に比べると自由に設計できるため価格が高くなってしまうということですが、この自由設計には大きな魅力が詰まっています。 例えば、男性なら自分の書斎を構えたいという人もいるでしょう。3畳間を作ってそこに書斎を構えることも可能なのです。また、趣味の部屋として屋根裏部屋を作ることも可能になります。 女性の場合はキッチンにこだわりを求める人が多いようです。今はやりの対面式キッチンや独立式キッチンにして、子供が勉強している姿を見ながら料理を作るということも可能になるのです。

これに対して注文住宅には受け入れなければならないデメリットがあることも忘れてはいけません。 まずは、土地と建物が別々に用意しなければならないことです。もし、相続で土地だけをもらった場合はその上に建物を建設する子だけ考えればいいのですが、土地も住宅もない場合には、バラバラで購入しなければならないために手続等が大変ということです。 また、注文住宅の自由設計は意外と大変で、自由ゆえに素人には空間を意識することなどが難しいのです。 金銭面も問題があります。建売住宅を購入する場合とは違い、そのものを建てるだけのために資材を手配するために、価格がどうしても高くなってしまうのです。逆にシンプルにして価格を抑えると建売住宅と対して変わらない作りになってしまうので注意が必要です。