新築一戸建て

中古物件を探す

建ち並ぶ一軒家

近年では、中古一戸建て物件などの不動産商品の売買が活発となっているのが現状です。それに伴い現在では、不動産会社が積極的に中古物件の販売に乗り出しているのです。また、物件購入においても予算を浮かすため、中古物件購入で必要箇所のリフォームといったスタイルが浸透しつつあるのです。 しかし、現在のように快適な生活ができる中古住宅が出回っているのは、半世紀以上に及ぶ住宅供給の歴史があるからこそです。例えば、1954年から1965年までは居間と台所を基本とし、平屋や2階建ての住宅が数万戸以上建設された時期です。また、1970年代からはエアコン、洗濯機、冷蔵庫など、物件設備の快適性が向上した時期であり、この頃より良質な物件が出てくるようになったのです。 つまり、一時期の住宅の建設ブームがあったからこそ中古物件が手軽に購入できるようになったことでしょう。

一戸建てなどの不動産物件は近年、中古物件が幅広く出回っている傾向にあるのです。また、不動産物件の売買は、2015年から数年がチャンスとも捉えられるのです。例えば、2015年10月には、消費税が10%になることが予測されるでしょう。例えば、3000万円の物件を購入する際、8%の税率では3240万円、10%の税率では3300万円と、60万円の差が出てくるのです。また、住宅ローンの金利は現在上昇傾向にあり、返済期間が長いほど影響を受けやすくなるのが一般的です。但し、物件の価値は毎年変動する仕組みにあるため、増税前後と大差ない物件も多いのです。つまり、中古住宅を購入するなら物件の価値を見計らい、タイミングが良い時に購入をするのが賢明となるのです。