新築一戸建て

耐震や免震の試み

作業員の姿

国内における大地震の経験から、建物に対する対策が次々と強化されてきました。建築法の改定をはじめ、各ハウスメーカーによる独自の耐震構造が提供されています。ほとんどのハウスメーカーが耐震や免震に対する追究を行っているのが現代のトレンドであり、安心できる一戸建てづくりに取り組んでいます。 しかし、一戸建てを建てようとする者にとっては、ハウスメーカーにおける注文住宅一戸建てのニーズが高まっている一方、建築費用削減などの理由から耐震や免震構造の除外を選択する傾向にあります。 もちろん、地震に対する意識の高まりから、耐震・免震構造の需要も高まっている傾向も事実でありますが、経費増加は逃れる事はできません。一戸建てを希望している方のニーズを全て取り入れる為には、更なる開発によって経費削減可能な耐震・免震構造が必要になっていくものとなります。

先ほど述べたように、ハウスメーカーにおける耐震・免震構造は独自開発によるものです。よって、外観から仕組み、必要経費など様々な違いを見せます。また、地震が場合、どのような動作が生じてどのような影響が現れるかも違いが出てくるものです。 現在の建築法による耐震基準は世界トップレベルの水準であり、それを基に数多くの検証がなされているので、そのハウスメーカーにおいても信頼性は十分に満たされているものです。耐震・免震構造の選択を選ぶ場合には、信頼性は頭の片隅に置いておき、各ハウスメーカーが提供する耐震・免震構造の特徴を理解・比較する事が望ましいものとされます。実際、数値や外観などでは比較検討する事は困難でありますが、どの程度の地震で、どの範囲が守られ、どのような影響を及ぼすかをより詳しく聞き出すことは可能です。営業マンからの聴取に加え、実績にも視点を置くことが選択方法の観点となります。