新築一戸建て

しっかりと計画を

一軒家の正面

現在、新築戸建てを建てるなら早い方がいいと言われています。理由は、将来的に住宅ローン金利が上がると予想されているからです。現時点での住宅ローン金利は低水準ですが、デフレからの脱却を目指していることで、住宅ローン金利の上昇は確実と言われています。当然ながら住宅ローン金利が上昇すれば、月々のローンの返済額が多くなるわけですから、金利が上昇する前に新築戸建てを建てた方がお得なのです。 また、変動金利の住宅ローンを組んでいる人は、金利が上昇する前に固定金利に変更すると言う流れが、今後は加速すると考えられています。変動金利が固定金利より高くなることは珍しくありません。変動金利の人は決断が迫られるでしょう。

住宅ローンの金利が上がる可能性が高いからと言って、急いで新築戸建てを建てようとするのは考えものです。新築戸建てを建てる場合、色々なことを考えなくてはいけません。単に、住宅ローン金利が上がるからと言う理由で急ぐと、住まいに対して不満が出てくることが多くなるので注意しましょう。 また、住宅ローンの返済額をしっかり計算しないといけません。金利が安いうちに建てても、毎月のローンの返済額は10万円を超えることも多く、返済できなければ意味が無いわけです。収入とのバランスを見ながら、無理なく返済できる額を出して観ましょう。 また、多くの住宅ローンは、物件価格の80パーセントを上限としています。頭金も必要になってくるのです。